テレビボードおしゃれランキング|北欧、フロート、コーナースタイルなど

おしゃれなテレビボードはインテリアを魅力あるものにします。北欧スタイル、脚なしのフロートスタイル、コーナースタイルのテレビボードをランキング形式で紹介します。

3万円で”脱・無難部屋”! インテリアコーディネーターとお部屋改造してみた

3万円で”脱・無難部屋”! インテリアコーディネーターとお部屋改造してみた
一人暮らしをスタートさせ、インテリアにこだわって統一感を出したり、暮らしやすいように家具を好きな配置にしたり、理想の部屋にしたいと思う人も多いのではないでしょうか。しかし、いざ自分でコーディネートしようとすると、お金をかけてインテリアや小物を買ったけれど、無難な仕上がりになり、描いた理想や自分らしい部屋とはほど遠い仕上がりになることも多いよう。そこで今回は、東京で活躍するインテリアコーディネーター:山口恵実さんに協力していただき、低予算でも理想の部屋に近づけるコーディネートのヒミツを探ります!

オシャレにしたいと思う人ほどよく陥りがちな【無難部屋】 山口さんと訪れたのは、一人暮らしを始めて7年の萬年さん、29歳・女性の賃貸部屋。萬年さんは部屋に統一感を出したいと考え、白とベージュ・茶色をベースに家具やインテリアをチョイスし配置したと話してくれました。色を絞ってインテリアを選ぶ考えはとてもいい方法なのですが、選んだ色が多くの人が選びやすい白・ベージュ・茶色なので、部屋の個性がない、いわゆる「無難」なコーディネートになってしまっています。また、部屋全体を見たときにアクセントとなるものがなかったので少し寂しい印象を受けました。 萬年さん自身、部屋の印象を変えたいと思いつつも、一見統一されているように見えるこの部屋をどこから変えていいかわからず、悩んでいるそうです。今回のコーディネート予算は3万円。無難部屋からの脱却を図ります。 【画像2】萬年さんの好きな「ブルー」、サブカラーにアイビーを取れ入れたクッション(写真撮影/アウル株式会社) 無難部屋の印象を変えるカギは「アクセント」と「目線」 まずは、山口さんに部屋の中で改善できるポイントを聞いてみました。 ―――今回のコーディネートで部屋の改造ポイントとなる部分はどこでしょう? まず1つは、インテリアのなかに「アクセント」が不足していると感じました。現在、白や茶色がベースとなっているので、メインカラーに萬年さんの好きだと仰っていた「ブルー」を持ってくる。好きな色があると気分が上がるので、自分の部屋がもっと好きになれると思います。 あとは、ベッドやラグの色が濃くて目線が下に行きがちなので、目線を上に向けられるようにインテリアを整えられたらいいのではないでしょうか。大きなものだと、照明器具も印象を変えるのにピッタリです。賃貸だと元からシーリングライトがついている部屋もあって、なかなか気づかない部分なんですが、今回は照明も思い切って変えてみようと思いました。それから、最近賃貸にも増えてきたピクチャーレールですね。フックさえつければ、好きなアートや写真が飾れるので、これは活用したいですね。

引用:3万円で”脱・無難部屋”! インテリアコーディネーターとお部屋改造してみた (SUUMOジャーナル) – Yahoo!ニュース

特集記事一覧

ピックアップ

サイトマップ