テレビボードおしゃれ度比較サイト

フロートテレビボード、北欧テレビボード、コーナーテレビボードそれぞれの魅力を比較して紹介します。

ラグ1枚で簡単模様替え ピンク・薄青・白で春らしく

■ランプの笠も 自分好みで  「日本は四季の国。それに合わせてラグはいろいろあります」(橋爪さん)。梅の花が咲き始める早春は少し厚手のピンク地。春本番になると、薄い青で薄手になる。夏は井草でゴザ状のものがある。裏地に滑り止めのプラスチック素材が付く。晩秋から冬は厚手となり、ぬくもりを感じる色柄が主流になる。  布の小物はこれらにとどまらない。水戸市内で手工芸教室を開く大内広子さんは、ティーポットにかぶせるティーコージーを薦める。英国伝統の小物で、草花や鳥、小動物をデザインすればテーブル周りが華やぐ。何よりポットの保温に役立つ。「手元のミスで金属製のポットをテーブルに倒してしまっても破損を最小限に抑えることができる。倒したときに生じる不快な音も布が吸収してくれる」。大内さんはこう話す。  ランプや電灯の笠である布製のランプシェードも、自分好みに張り替えてみてはどうだろう。シェードはホーロー、ガラスなど素材はいろいろあるが、手軽に模様替えするには布が最適なのはいうまでもない。インテリアショップに行けば種類も豊富にある。大内さんもオーダーメードを受け付ける。  布のしつらえは創意工夫をもたらす。東京都内に住む主婦は、友人が訪れて手料理を振る舞うとき、テーブルランナーをテーブル中央からヨコに掛けず、いすの向かい合わせに掛ける。テーブルに4人向かったらランナーをタテに2枚掛ける趣向。「ランナーが2枚あればおもてなしの雰囲気をより演出できる」そうだ。  接客でも効果をもたらすだけに、女性はこうアドバイスする。「綿、麻、ウールいずれにせよいい布を選ぶことが大切です」 (保田井建) [NIKKEIプラス1 2018年2月10日付]

引用:ラグ1枚で簡単模様替え ピンク・薄青・白で春らしく (NIKKEI STYLE) – Yahoo!ニュース

特集記事一覧

完全オーダーのテレビボードを全国に提供しています

完全オーダーのテレビボードを全国に提供しています

ピックアップ

サイトマップ